ハイフって安全なの?ダウンタイムはあるの?

悩む女性

「ハイフが気になるけど安全性はどうなのかな?」
「アザとか出来るのかな?」


管理人MAI

すぐに結果が出やすいと人気のハイフ(HIFU)ですが、気になるのはその安全性ですよね。アザが出来るかどうかも気になるところ。そんなあなたのためにハイフの安全性やダウンタイム、副作用などをしっかり調査しました。

管理人おすすめハイフコースはこちら>>


エステ用ハイフは安全に設計されている

笑顔の女性

ハイフは医療の現場で開発されたマシンで主に前立腺がんの治療に利用されており、エステ用に再開発されたのがエステ用のハイフになります。医療用と何が違うのかというと主に2点です。

エステ用ハイフと医療用の違い

  1. エステ用は医療用に比べて出力が抑えられている
  2. エステ用は皮下脂肪が存在する皮下1.3cm程度の深さしか照射出来ないように予め設定されている

エステ用のハイフは大きく上記の2点で安全性が確保されていて、また狙った脂肪のみに超音波を当てるので、超音波による肌へのダメージも少なく安全性の高い施術と言われております。

管理人MAIがオススメするHIFUを1番安く受けられるコースはこちら>>



エステ用ハイフは痛みもダウンタイムもない

出力の高さは従来のマシンよりは高くなっておりますが、医療用のものと比べると安全な出力に設定されているため、施術中の痛みも全く感じない方がほとんどです。また青あざなども出来ないので、ダウンタイムもほぼ無いです。

逆にクリニックなどで使用されているライポソニックスと呼ばれるハイフはエステ用に比べ出力も高いので、施術中のチクチクとした痛みとともに内出血による青あざができます。ライポソニックスの青あざは2週間ほどで消えるのでダウンタイムは2週間ですね。


安心して任せられるBloom

Bloomは東京・横浜を中心に最先端マシンのCPの良さとユーザーの口コミで人気が出たサロンです。Bloomはそのスタッフの技術や知識のレベルが高いと噂になっています。ハイフもいち早く導入し、実績も国内トップクラスなので安心して任せられます。

img_access01

BloomのHIFUコースはウルトラハイフ500ショットが5,000円と大変お得になっています。

>> Bloomの公式HPはこちら <<


まとめ

医療用とエステ用では出力の違いが大きいです。出力が高い医療用の方が1回での効果はもちろん高いですが、エステ用ハイフでもその他従来マシンよりは出力が高く、狙った脂肪1点に集められるので他のマシンに比べると1回での痩身効果は非常に高いですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ