男のポッコリお腹にはハイフエステが絶対おすすめ!

管理人MAI

細身のスーツを着こなす男性って本当に魅力的♪

それから細マッチョな男性の腹筋が割れている姿とかも素敵♪

私(筆者)も、駅や街でスリムでスタイルのいい男性を見かけるとついつい目で追ってしまいますが、一見かっこよく見えても、よく見たらお腹だけポッコリ出てる・・・なんて男性が結構多いのも事実。

メンズのボタンがはち切れそうなポッコリお腹姿を見たら、女性は一気に興醒めしちゃいますよ~。

あなたのお腹は大丈夫?

男のポッコリお腹は、最新痩身機ハイフで綺麗にケアしましょう。



ハイフで痩せる仕組みは?

男性のポッコリお腹

ハイフは、超音波を脂肪層あてて脂肪を破壊するダイエットマシンです。

超音波の美容機器ってたくさんあるけれど、ハイフの大きな特徴はその超音波を特殊なレンズで1点に集中させて脂肪を破壊するという特殊な技術です。

脂肪層のみに照射できて、筋肉層や肌の表面などを傷つけることなく、脂肪だけを狙えるというから驚きです。

え?超音波を1点に集中させるの!?ってなんだか不思議に思うかもしれませんが、イメージ的には光を集めるのと同じ仕組みでイメージするといいと思います。

小学生のときに、太陽の光を虫眼鏡で集めて紙を焦がすっていう実験やりましたよね!懐かしい思い出ですが、そのイメージが一番近いです。

【ハイフと従来機の比較】
ハイフと従来機の比較

超音波もそれと同じように1点に集中させることで、エネルギーをギューっと集中させて脂肪を破壊できる高温の56℃以上まで温度をあげることができるんです。

この画期的な技術でハイフは話題となり、ダイエット業界では絶大な人気を誇っているんですよ。



ハイフは即効性と継続性を兼ね備えた嬉しいマシン

Hifu

ハイフは脂肪を破壊できる高温の56℃以上まで温度をあげることができ、そして脂肪層だけを狙い撃ちできるので、即効性が高いエステです。

たとえば、お腹をたった1回ハイフを照射しただけでも、ベルトの位置が変わるほど確実に効果が出る人が多く、初めて受ける人はかなり驚かれます。

そして、ハイフはその場で痩せても数日ですぐに戻るような気休めではなく、脂肪が1度破壊されたあとは、1〜3ヶ月かけてじわじわとゆっくりと溶けながら、さらに体が引き締まっていくんですよ。

【ハイフと従来機の比較】
ハイフの継続性

ハイフは即効性と継続性を兼ね備えた嬉しいマシンなのです。

今の世の中に出ている痩身マシンの中で、一番効果が得られると言われているので、ポッコリお腹で悩んでいる人は試してみる価値アリですよ~。



こんな悩める男性にこそハイフがオススメ!

ドクター



筋トレを頑張ってもなかなか腹筋が割れない

いくら腹筋を頑張ってもなかなか割れない・・・夢のシックスパッドになれない方も多いのではないでしょうか?

それは腹筋の上に頑固な脂肪がいるからです。一生懸命鍛えても、腹筋の上に脂肪が覆いかぶさっていては、鍛えた筋肉が隠れてしまって意味がないですよね。

お腹を割るためにはどうしても脂肪が邪魔もの。だけど脂肪は筋トレだけだとどうしても落ちづらいのも現実です。

でも、ハイフなら脂肪だけを狙い撃ちできるから筋肉を傷つけることなく簡単に脂肪を除去できます。

手っ取り早くハイフで邪魔な脂肪を落とすことが一番の近道です。



ポッコリお腹をどうにかしたい

悲しいことに一度ポッコリお腹になってしまったらなかなか落とせません。

少し厳しい現実をお伝えしちゃいますが、実は年齢が上がるにつれて脂肪も固くなってしまって落ちづらいんです。 既にポッコリお腹の人は、かなりストイックな運動しないと厳しいです。

でもハイフなら、脂肪を温めて除去することができるから、その後のダイエットもより効率的に進められるますよ。

ハイフを受けるならBloomがおすすめ!

Bloom ginza 01

もし、ハイフを受けたいって思っている人は、断然Bloomがオススメです。

メンズエステっていろんな悪質なサロンが多いから心配になりがちだけど、Bloomは医療関係者が選ぶ、安全で効果のあるダイエットサロン第一位に選ばれている実力派のサロンだから、口コミも良くて安心して通えますよ。

それに・・・・キレイなエステティシャンが多いっていうおまけ付です(笑)

ハイフの体験は1回5,000円でやっているので、気になる人は体験だけでも受けてみるといいですね。

Bloomのオトクな体験コースはこちらだと安いです >>



まとめ

せっかく痩せるならただ体重を減らすだけではなくて、セルライトのない綺麗で滑らかな身体を手に入れたいですね。

セルライトは一度できてしまうとなかなか自分ではケアできないので、ぜひハイフを試してみてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ