簡単!お風呂ダイエットのやり方とその効果とは?

管理人MAI

今年の冬はほんと寒いですよね。

なので、私の日々のリフレッシュは、お風呂タイムです☆

でも、皆さん…きちんと湯船に浸かっていらっしゃいますか?

日々のお風呂タイムをシャワーですますって人…結構多いんじゃないかと思います。 ちゃんと湯船に入らないといけないと分かっていても…なかなか時間が取れないと言い訳して、お風呂に入るのサボっちゃうという気持ち、良くわかります!

でもやっぱりちゃんとお風呂に入ったほうが太りづらくなるので、プクプク太りたくない!という方は是非見ていただけると嬉しいです。

今日はお風呂に入るメリットと『お風呂ダイエット』のやり方をご紹介していきたいと思います。



お風呂に入るメリット

ドクター

何故『お風呂ダイエット』をするのか、それを一言で言ってしまうと『血流を良くして、基礎代謝を上げるため』です。

ちなみに…基礎代謝とは、「何もせずにじっとしていても生命活動を維持するために消費されているエネルギー」のことを言います。

何もせずにエネルギーが消費されるなんて、ダイエットにはこんな嬉しいことはないですよね。

では、何故お風呂に入ると基礎代謝が上がるのでしょうか?

それは体の血液の流れやリンパの流れが良くなるから。

つまり生命活動に必要なエネルギーを必要な臓器に必要な量流すことが出来るので、基礎代謝をあげることが出来るのです。また身体に溜まった老廃物や毒素を外に流すことも出来ると言うのも嬉しい副産物があります。

お風呂ダイエットは皆さんにメリットがあるのですが、特にオススメしたい人は下記の通りです☆

  • 外食が多い人、コンビニ弁当が多い人
  • 味付けが濃い人
  • 偏食しがちな人

上記の人たちに共通することは何だと思いますか?

それは塩分の多いものを食べているということです。

皆さん日本人の塩分量は多いということはよく聞きますよね?

でも、その弊害についてはあまりご存知なのない方多いのではないでしょうか?

身体には体内塩分濃度を一定にしようという働きがあります。つまり塩分を摂りすぎると体内塩分濃度を下げようとして、体内に水分を溜め込んでしますのです。

これが浮腫みという症状なのですが、体内に溜まった水分を外に出してあげなくてはいけません。

浮腫んでいる人は大体1 kg から2 kg の水分を体内に溜め込んでしまっているとも言われています。なかなか塩分を減らす生活って出来ないと思うので、体内に溜まってしまった水分を汗をかいて出してしまうこれもお風呂ダイエットのメリットだと思います。



お風呂ダイエットのやり方

女性

では、実際『お風呂ダイエット』やり方について説明していきたいと思います。様々なやり方があるのですが、今日はそのうちの私が実践している一つをご紹介したいと思います。

40℃ほどのお湯に20分から30分半身浴で浸かる

お風呂であまり身体に負担を掛けたくないので、私はぬるま湯で半身浴を選んでます。



お風呂に入っている時は『正座』をする。

お尻でふくらはぎを 加圧できるからです。ふくらはぎは第二の心臓と言われています。下半身に流れてきた血液・リンパを上半身に送り返す働きをしていますが、正座をすることによって自動的にマッサージ出来ている状況になるのです。



まとめ

時間は20分~30分で良いのです。時間がないというなら、42℃のお湯に10分浸かって貰うだけでも良いです。是非1日1回のリフレッシュとして、『お風呂ダイエット』やって頂ければなと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ