ハイフエステのメリット・デメリットをしっかり知っておこう!

mai_profile

こんにちは!MAIです!
たった1回でも効果が出る人がほとんどの話題のエステといえばハイフですよね。ハイフは従来のマシンと比べて脂肪を破壊する力がズバ抜けて高いマシンです。今回はちゃんとしっかり知っておきたいハイフエステのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

メリットだけでなく、しっかりデメリットも知っておきたいですよね?

管理人MAIがオススメするHIFUを1番安く受けられるコースはこちら>>




ハイフエステのメリット

ハイフは従来のマシンでは不可能だった皮下1.3cmの脂肪層部分だけを直接照射できるという点がとっても画期的。今までは脂肪を溶かそうとすると、どうしても皮膚の部分も熱くなっちゃうから皮膚へのダメージが大きかったんですよね。その点ハイフは皮膚へのダメージは全くありません。

このハイフの仕組みは超音波を特殊なレンズを通すことにより、狙った脂肪だけに超音波を集中させることで実現しています。ではハイフのこの仕組みによるメリットを見ていきましょう!大きく3つありますよ!

【従来マシンとの比較】
従来マシンとの比較


① 即効性&継続力がスゴイ

ハイフは狙った脂肪にピンポイントに超音波を集めて脂肪を破壊していきます。今までのマシンではどうしても熱が分散してしまって、効率的に脂肪が破壊できていなかったんです。下の写真を見てもらっても分かるとおり、従来のマシンで3回かかるような結果をハイフならたった1回で実現してしまうとも言われていますよ。私もたった1回でお腹は2cmほどサイズダウンしました。

【ハイフ1回のビフォーアフター】

ハイフをおすすめするのは、即効性だけではありません!実は継続力もスゴイんです。従来のマシンでは大体良くて1〜2週間の継続力だったのですが、ハイフは1〜3ヶ月も継続的に痩せていきます。これはハイフの脂肪破壊力が高すぎるので、破壊された脂肪が体外に排出されるまでに1〜3ヶ月かかるということなんです。

1回で効果が出たのにその後もどんどん引き締まっていく感じは本当に嬉しいですよ。毎日痩せてく!って幸せですよね。

【ハイフの継続力】
ハイフの継続力


② 脂肪細胞を破壊するからリバウンドなし

女性のお腹

ハイフは脂肪細胞を「破壊」できる56℃まで温度を上げていきます。同じように温める系のラジオ波のマシンでは42℃くらいが限界です。42℃では脂肪を溶かすことはできても脂肪細胞を壊すことはできません。

でもハイフはしっかり脂肪細胞自体を破壊するので、脂肪細胞が減ればその分太りづらくなるということですよね。というのも脂肪細胞の数は3歳までに決まってしまうと言われています。

太りやすい人と太りづらい人がいるのは3歳までの生活が重要だったんです。でも今さら戻れない…。一度増えた脂肪細胞は普通は減らすことができませんからね。

でもハイフならこの脂肪細胞を破壊するので、リバウンドどころか、太りづらい体質に近づくことができるんです!



③ 通う回数も頻度も少なくて良い

指を刺す女性

ハイフは超音波を一箇所に集めることによって、脂肪が破壊できる56℃まで一気に温度を上げられます。従来のラジオ波を使用したマシンだと、脂肪が溶け出す42℃に上げるまでに10分くらいもかかっちゃうんです。

これって結構な差じゃないですか?

実際にハイフの施術は15分〜30分で終わることがほとんど。短い時間でも今まで以上の効果が出せるからですね。また通う頻度も月に1〜2回でOKなんです。忙しい人でもそれくらいなら通えますよね?

あと1クールの回数も3〜6回で良いんです。普通は12回くらいありますよ1クール。少ない時間で大きな結果を出せる。ハイフのメリットはここですね。



ハイフエステのデメリット

ハイフエステの効果の高さは分かったと思いますので。次はデメリットを見ていきましょう。

① ある程度脂肪がないと受けられない

痩せ気味

エステ用のハイフは安全のために他の組織が傷つかないように、脂肪が存在している皮下1.3cm付近しか照射できないように制御されています。ただ万が一のために、脂肪の厚みが少ない人(脂肪の厚みが2.5cm未満の人)は施術が受けられないケースがあります。

平均的な30代女性のお腹の脂肪の厚みは2.2cm~3.2cmの間らしいです。自分はちょっと痩せ気味かなという方は受けられませんので注意です。



② 施術中は少しチクチクする

ハイフ

脂肪の一部ですが、56℃まで温度が上がるので、「あ、今脂肪が溶けてるな。」みたいな感覚と多少チクチクする痛みはあります。すごい気持ちよくてリラックスという感じではありません。でも痛くて大変ということではなく、ちょっとチクっとするなというイメージですね。



③ 稀に副作用の可能性も

悩む女性

エステ用のハイフはクリニック用と比べて出力や狙う深さも制御されていて安全性を重視したつくりになっているのですが、稀に火傷や内出血が出る可能性もあるようです。事前のカウンセリングでその点の安全性やリスクの説明をしっかりしてもらうことをおすすめします。



ハイフを受けるなら今のところBloomがおすすめ

Bloom(ブルーム)は最新機器を低価格で提供してくれる、口コミで広がったサロンです。なぜ低価格で提供できるかと言うと大手より極力広告費を抑えること、そしてお店のファンを作ること、この2点によることが大きいみたいです。

実際にBloomに行く方は他のエステからの乗り換えや、という方が多いとのこと。私もその一人でした!それだけでなく、口コミを聞いたクリニックの先生までも通っているみたいです。すごいですよね。そんなBloomは今ならウルトラハイフ500ショットが5,000円で体験できちゃいます。

私も受けたコースですが、是非あなたも一度ハイフの効果を体験してみてください♪

>> お得なキャンペーンはこちら <<



まとめ

いかがでしょうか?ハイフのメリット・デメリットは分かっていただけましたでしょうか?
ハイフは効果が非常に高いマシンですので、一度その効果を体験してみることをおすすめしますよ♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ