ハイフは後遺症のリスクを知るのも大事!顔に受けるならクリニックで!

管理人MAI

痩身効果が高くて評判の高いハイフだけど、後遺症や副作用のリスクを知っておくのも大事です。

何も知らないまま適当にサロンを選んでハイフを受けて、もし万が一事故になったら大変。

安心安全に施術を受けるためにも、ハイフの後遺症や副作用、そしてそうならないための対策をしっかりとおさえておきましょう。



ハイフの仕組み

ハイフと従来機の比較

ハイフは、超音波を特殊なレンズを通して1点に集めて、皮膚内部の狙った部位に照射できる画期的なマシンです。イメージとしては、虫眼鏡で太陽の光を集めて紙を焼くような感じで、それが光ではなくて超音波に変わったような感じです。

超音波を1点に集めることで、皮膚の下の狙った部分に照射ができるので、メスを使わずに治療ができるのです。

この仕組みを利用して、超音波を脂肪が溶解する高温の56℃以上まで温度をあげて脂肪を破壊することもできますし、顔の筋膜にあてて顔のたるみを取ったりすることもできるんです。

メスを使わない美容法として画期的なマシンなのです。

そんなメリットがいっぱいのハイフですが、だからといって安易な気持ちでサロンを選んだりするのは危険です。トラブルが発生するケースもあるので、そのトラブルの一部を紹介していきますね。



注意!ハイフの痩身効果は高いけどトラブルが発生するケースも

うつむく女性

ハイフは効果が素晴らしく、安全性も高いのですが、残念なことに事故やトラブルが発生るというケースがあるのが事実です。

最新の注意をはらって施術していても、その出力が故にトラブルに発生することがあるんです。そしてそのほとんどの事故が実は顔に関してのトラブルなんです。

参考:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20170302_1.pdf

施術後の肌のトラブルとしては、

  • 赤みがひかない
  • 蕁麻疹
  • 水ぶくれ、やけど
  • 痺れ

などが挙げられています。

蕁麻疹や赤みが出て、そのあとに色素沈着をしてしまいシミになってしまうこともありますし、一番ひどいケースだと、顔の神経を損傷してしまい痺れが治らない…なんていう後遺症になった実例もあります。

綺麗になるつもりでハイフを受けたら健康を害してしまうなんて、もしそんなトラブルに合ったら怖いですね。

いいサロンもたくさんありますが、ハイフを受けるときはしっかりと調査してからお店を選ぶようにしてくださいね。



顔のハイフは必ずクリニックで受けて!

ドクター

顔は大事な神経がたくさん通っているので、顔のハイフは必ずクリニックで受けてください。

もしも万が一、神経を損傷して顔の痺れがずっと消えない…なんてことになったら大変。だから、皮膚内部や顔の神経の位置などに精通している医師がいるクリニックで施術してもらうようにしましょう。

雑誌やネットで、顔のハイフが格安で受けられるクーポンを見つけたとしても、受けないでくださいね。

医師ではない一般のエステで顔のハイフを行うと、ボディ用の強い出力のハイフで施術されてしまったり、当ててはいけない神経の上などに照射されてしまったりなど、トラブルのもとになるからです。



まとめ

痩せたい、セルライトをケアしたい、顔のたるみを取りたい…いろんな要望を叶えてくれる魅力的なハイフですが、安易にとびついてトラブルに見舞われたら大変です。

粗悪なサロンでハイフを受けて、副作用や後遺症などのトラブルに見舞われることのないよう、ここで挙げた事例をしっかりとおさえて、ハイフの施術を受けてくださいね。

いろんな噂はありますが、ハイフ自体は痩身効果や美容効果が非常に高い優れた美容機器です。

自分に合ったサロンやクリニックを見つけてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ